バイナリーオプション

外国為替相場とは?

そもそも外国為替相場とは世界中で毎日通貨が交換されているマーケットの総称ですが、株のニューヨーク証券取引所や東京証券取引所の様な市場の建物やホストコンピューターシステムが有る訳ではありません。

 

各国中央銀行・銀行・証券・保険会社などの金融機関や商社・石油会社・自動車会社などの輸出入の大企業・ヘッジファンド・海外旅行者・個人投資家などの通貨の交換が、世界中の様々な場所で24時間365日行なわれています。

 

そして、それらのトータルである毎日の世界の通貨の交換金額の総額はおよそ2兆ドル(約160兆円)という大きな金額に上ると言われています。そして、外国為替市場は24時間365日眠らない市場です。

 

日本時間午前4時にニュージーランドのウェリントン市場で開始しされた取引は、午前7時に東京・香港・シンガポールのアジアの主要市場が加わり、午後4時になるとユーロ圏ののフランクフルト・パリ・ロンドン市場が加わり、午後9時には世界のマーケットの中心であるニューヨーク市場の取引が始まります。

 

従って、為替市場は24時間眠らない市場なので、いつでもどこかの市場がオープンしています。そして、FXの言葉の意味はForeign eXchange(外国為替)の略ですが、一般的に日本で使われているFXの意味は「外国為替証拠金取引」という意味で、一定の証拠金を業者に預けて最大25倍までの金額の為替取引を行なうことができます。

 

FXを含めて個人投資家が本格的に外国為替取引を行うには、まず、銀行の外国為替の窓口で円をドルやユーロなどの外国通貨に両替し、外貨のキャッシュをタンス預金などの方法で保管する方法です。もう1つの方法は、国内銀行や外国銀行が取り扱っている外貨預金口座に外貨を預金する方法です。

 

そして、3つ目の方法はFX取引です。銀行での通貨の両替は手数料が高いので投資としての為替取引には不向きです。また、外貨をキャッシュでタンス預金する方法は盗難のリスクが有ります。更に、外貨預金は定期預金が中心ですから為替相場に合わせて自由に売買できません。従って、個人投資家にとってはFXの使い勝手が最も良いと言えます。

 

>>FX初心者におすすめの業者の選び方<<