バイナリーオプション

どのように外国為替相場は変動する?

世界のマネーは政策金利の低い国から政策金利の高い国の通貨に流れるのが、マネーの流れの基本的な動きのセオリーです。また、輸入よりも輸出が多い貿易黒字の国は、輸出によって受け取ったドルやユーロを自国通貨に両替する必要がありますから日本の場合は円買いのニーズとなります。

 

逆に貿易赤字の国は自国通貨をドルやユーロに両替して輸入代金を支払いますから自国通貨の売り要因となります。

 

これらの基本的な通貨の買い要因と売り要因に加えて、外国為替相場の参加者である各国中央銀行や銀行・証券会社・保険会社などの金融機関や商社・石油会社・自動車会社などの大手輸出入企業やヘッジファンドや個人投資家は、それぞれの相場観とそれぞれの懐事情で為替売買を継続しています。

 

従って、為替取引の中身を大別すると、投資などによる仮需と輸出入業者による実需と各国中央銀行による為替介入の3つに分類できます。そして、過去の外国為替相場の動きはレートが余り動かない安定期間と短期間で大きくレンジを切り上げたり切り下げたりする変動期間を繰り返す傾向があります。

 

そして多くの場合、数ヶ月間の安定期間の後に2〜3ヶ月で大きくレンジを切り上げたり切り下げたりする変動期間を繰り返しながら、ドル/円相場の長期の大勢波動はこれまで円高のトレンドが続いてきました。そして、1970年代以降の為替相場が大きく動く要因には変化が見えます。

 

つまり、オイルショックと米国が関与する国際情勢の急変や紛争・戦争・テロ等の不測の要因から、大きな変動が生まれていると言えるからです。従って、個人投資家は毎日のスペキュレーション売買で少しづつ利益を積み重ねますが、突然の不測の為替相場の急変で一瞬にして溜め込んだ利益を帳消にしてしまう傾向があります。

 

>>FX初心者におすすめの業者の選び方<<