バイナリーオプション

スワップ金利とは?

FX取引の人気の秘密は、キャピタルゲイン狙いのスペキュレーション以外の戦略もあることです。株式投資の配当狙いの様な金利を狙うストラテジーもあるのです。それはスワップ金利を狙ったFX取引のストラテジーです。

 

スワップ金利とは取引業者によってはスワップポイントとも呼びますが、2つの通貨ペアの間の金利差を意味します。例えば、円/オーストラリアドルの通貨ペアの場合は超低金利の日本と高金利のオーストラリアとの間で大きな金利差が存在し、高金利通貨を買って低金利通貨を売った場合に2国間の金利差をスワップ金利として受け取ることが出来ます。

 

このスワップ金利はFX取引をエントリーする時には確定していますから、キャピタルゲインと違って計算できる利益と言えます。そのため、FX取引初心者や余り過激な売買をしたくない女性投資家には、スワップ金利狙いの投資家が多い訳です。

 

特にスワップ金利が高い通貨ペアは、日本との金利差が高い国との通貨ペアになります。例えば、日本円売/オーストラリアドル買や日本円売/ニュージーランドドル買や日本円売/南アフリカランド買などが、スワップ金利の高い通貨ペアの代表です。

 

只、最近は先進各国を初めとして資源国や新興国の景気も鈍化傾向を示しており、世界的に金利は低下傾向です。そのため、これ以上金利が下がりようの無い日本との金利差は、縮小する傾向にあります。

 

スワップ金利は以前は高い通貨ペアに於いては年率で5%程度ありましたが、現在は3%〜4%程度となっています。また、仮にスワップ金利で高い年間利回りを稼いでも売買損失が出ては意味が無いことは、株式投資で高い配当を得ても売買損失を出しては意味が無いのと同じです。

 

>>FX初心者におすすめの業者の選び方<<