バイナリーオプション

FX業者の使い方記事一覧

FXを始めとする証拠金取引は取引エントリー時に必要証拠金を業者に納め、決められた証拠金維持率の範囲内で売買を行うことがルールとなっています。そして、FXなどの証拠金取引は決められた証拠金維持率の範囲を超えた場合、追証あるいはマージンコールの状態となります。つまり、含み損を差し引いた証拠金の金額が、決められた証拠金維持率を下回った場合は追加の証拠金を業者に納めなければならない訳です。この追加の証拠金...

FX取引や株式のネットトレードを含めて、全ての市場取引の売買注文には成り行き注文と指値注文が有ります。成行の買い注文は価格はいくらでも良いから今買える価格で直ぐに買いたいという注文で、指値の買い注文は時間は掛ってもよいがその値段以下でしか買いたくないという注文を意味します。同様に、成行きの売り注文は価格はいくらでも良いから今売れる価格で直ぐに売りたいという注文で、指値の売り注文はその値段以上でしか...

最近はFX取引や株式ネットトレードで逆指値注文がよく使われる様になりました。以前は逆指値注文はFX取引特有の注文形態で、株式相場には逆指値注文は存在しませんでした。しかし、個人投資家の株式注文の80%以上がネット証券経由となり、現在は株式ネットトレードに於いても逆指値注文は多く使われるようになりました。元々、指値注文は買いの場合は少しでも安く買う手段として用いられ、売りの場合は少しでも高く売る手段...

FX取引には成行注文と指値注文・逆指値注文以外にIFD注文とOCO注文があり、IFD注文とOCO注文はFX取引特有の注文形式です。まず、IFD注文は英語のIFとDONEを組み合わせた造語で、IF DONE(もしもの場合執行する)という意味の注文形式で、OCO注文のOCOは英語のOne Cancel the Otherの略で、2つの注文のうち一方の注文が約定した時は片方の注文は自動的にキャンセルする...

最近のFX業者の投資ツールには、必ずデモ取引が付いています。また、最小通貨単位を使えば数千円で取引できる場合があります。それらを上手く活用すれば、コストを掛けずにFXトレードのキャリアを積むことができます。一昔前の株式投資に於いては、初心者は相場で損をしながら相場のキャリアを積みました。株式投資の初心者が相場で損をすると、相場の勉強料と思って諦めろと言われたものです。しかし、現代はそんなのんきなこ...

FX口座はたくさんの種類がありますが、初心者が取引しやすいFX口座はどのような口座があるのでしょうか?FXで取引をするとりスクが生じます。保証金(投資金額)を大きくすると利益も大きくなりますが、比例してリスクが高くなります。1,00通貨と1万通貨で取引をした例を挙げてみます。保証金を使い取引を開始した時に、為替変動で1銭変動した時、1000通貨では10円の損益、1万通貨の場合100円の損益なります...

FXで取引をするということは、リスクが伴います、保証金を少なく(投資する金額を少なく)してもリスクを100%無くすことはできません。またFXの取引画面はFX会社により多数の仕様があります。FXで取引をする時に取引画面を開くのですが、画面の操作に慣れないと取引により大きな損失を出すことがあるのです。たとえば1000通貨で取引ができるFX会社の例を挙げてみます。FXで売り注文と買い注文の二つを持つこと...